ToTop 「FreeBSDで遊ぼう」のページへ
Mail 「デスクトップ環境の構築(LXDE on FreeBSD 10.x)」のページへ
ToTop トップページへ
★FreeBSDで遊ぼう
ICON デスクトップ環境の構築(LXDE1.0_7 on FreeBSD 10.x)
2. LXDEの構築とウェブブラウザのインストール

ここでは、GUI環境のXfceが使えるようになるまでとFirefoxのインストールについて、書きます。

  1. 必要なアプリのインストール

    まずは、必要なアプリケーションをインストールします。rootでログインして作業します。

    1. xorgのインストール

      GUI環境の土台となるxorg(これは何と形容したら良いんでしょう。デスクトップ環境でもないし、ウィンドウマネージャーでもないし。Wikipediaでは表示プロトコルを提供するアプリなんて説明されてましたが、そう呼ばれていることも殆どないですしねぇ。)をインストールします。
      コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d x11/xorg[ENTER]
      ビルドに結構時間を要します。i3-3120Mで2時間でした。
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install x11/xorg[ENTER]
    2. 日本語フォントのインストール

      以下のフォントをインストールします。
         - japanese/font-std
         - japanese/font-vlgothic
         - japanese/font-takao
      コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。
      (font-stdのインストール)
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d japanese/font-std[ENTER]
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install japanese/font-std[ENTER]
      (font-vlgothicのインストール)
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d japanese/font-vlgothic[ENTER]
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install japanese/font-vlgothic[ENTER]
      (font-takaoのインストール)
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d japanese/font-takao[ENTER]
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install japanese/font-takao[ENTER]
    3. 日本語入力環境のインストール

      日本語入力環境は、SCIMとAnthyの組み合わせを使用します。これからはXIMだよ、なんていう声も聞こえますが、私が勉強するにはネット上に参考情報の多かったこちらが楽でした。変換効率も不足ないし。ただ、今回気づいたのですが、ポーツのメンテナーがいないとか。次回から他のに乗り換えた方がいいかな。
      コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d japanese/scim-anthy[ENTER]
      llibiconvのオプション設定で「PATCHES」をonに、cupsのオプション設定で「IPPTOOL」と「X11」をonに、w3mのオプション設定で「JAPANESE」をonにしました。ただ、私が使う限り、設定しなくても問題はありませんでした。
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install japanese/scim-anthy[ENTER]
    4. LXDEのインストール

      LXDEをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d x11/lxde-meta[ENTER]
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install x11/lxde-meta[ENTER]
    5. slimのインストール

      軽いということで、グラフィカルログインマネージャーはslimをインストールします。テーマも一緒にインストールします。
      コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。
      (portsからインストールする場合)
         # portmaster -d x11/slim x11-themes/slim-themes[ENTER]
      slimのオプションで「UTF-8」をonにしました。ただ、私が使う限り、設定しなくても問題はありませんでした。
      (パッケージからインストールする場合)
         # pkg install x11/slim x11-themes/slim-themes[ENTER]
    ここまで終わったら、再起動します。
  2. デスクトップ環境の設定

    1. xorgのデバイス設定ファイルの作成

      1. 以下のコマンドを流して、デバイスの設定ファイルを作成します。
           # Xorg -configure[ENTER]
      2. xorg.conf.newファイルがログインしているユーザーのホームディレクトリ(rootなら/root/、そうでないなら/home/(ユーザー名)がデフォルト)に作成されているので、これを/etc/X11ディレクトリにxorg.confという名前でコピーします。コマンドは以下のようになります。
           # cp ~/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf[ENTER]
        /etc/X11/xorg.confに以下の記載を追加します。
        1. 「Section "Module"」に
             Load  "freetype"
          を追記。
        2. 「Section "Files"」に
             FontPath  "/usr/local/lib/X11/fonts/bitstream-vera/"
          を追記。
      グラフィックボードがnVidia製の場合は、nVidiaのドライバーをインストールすることを強くおすすめします(でないと、悲しいくらい描画が遅いです)。手順は、「nVidiaドライバーのインストール」を参照してください。
      ハードウェア依存の情報
      (グラフィック機能がインテルのオンボードの場合)
      恐らく、xorgがver.7.7_1になってからだと思いますが、「Xorg -configure」を実行した後、画面が真っ暗になるようになりました。xorgがver.7.7_1の時はmonitorが一台余計に認識されていて、xorg.confから余計なモニターの部分を削除しなければなりませんでしたが、ver.7.7_2以降はこの現象はなくなりました。ただし、画面が真っ暗になる症状は現在も続いています。xorg.confは、問題なく作成されているので、「shutdown -r now[ENTER]」をキーインすると再起動して元に戻り、以下の作業を続けられるようになります。nVidiaのボードだとこうならなかったので、インテルの場合だけだと思います。
    2. 必須DAEMONの起動設定

      X.orgの起動に必要なDAEMONがシステム起動時に起動するようにします。
      具体的には、/etc/rc.confファイルに以下の記載を追記します。
       dbus_enable="YES"
       hald_enable="YES"
       polkitd_enable="YES"
    3. 日本語キーボード配列の設定

      以下のコマンドを打って、必要なフォルダーを作成します。
       # mkdir -p /etc/X11/xorg.conf.d[ENTER]
      「/etc/X11/xorg.conf.d/input.conf」というファイルを作成して、以下の内容を記述します。
       Section "InputClass"
         Identifier    "Keyboard Defaults"
         Driver      "keyboard"
         MatchIsKeyboard  "on"
         Option      "XkbRules" "xorg"
         Option      "XkbModel" "jp106"
         Option      "XkbLayout" "jp"
         Option      "XkbOptions" "ctrl:nocaps"
       EndSection
      xorg-serverが1.14になってから、デバイス検知がHALではなくdevdによることになった(こちらを参照)ので、これまでのfdiファイルは使わず、こうなります。
    4. ユーザー権限の設定

      PolicyKit関連でユーザー権限を何も設定しないと、一般ユーザーでログインした際、電源を切ることもできません。というわけで、ユーザー権限を設定します。
      具体的には、「/usr/local/etc/PolicyKit/PolicyKit.conf」をエディタで開いて、
        <match user="root">
         <return result="yes"/>
        </match>
      と書いてある部分を
        <match user="root|(追加するユーザー名)">
         <return result="yes"/>
        </match>
      というように変更します。これは実は全部許可しますよということなのですが、こうしたところで、アプリケーションのインストールはrootでないとできないようだし、使う作業は全部できるが、設定とかの作業はできません、といった感じになるようです。
      ここまで、やったところで再起動し、rootでログインした後、コマンドプロンプトで
         # startx[ENTER]
      と打って、Xが立ち上がることを確認します。Windowsっぽい枠が表示されたらOKです。
      Xが立ち上がらない(=Windowsっぽい枠が表示されない場合)
      要はトラブっているということですから、直す方法は一概にはいえません。/etc/X11/xorg.confの内容を修正するという作業になるのが通常ですが、そこに至るには、/ver/log/Xorg.0.logファイルを見て、(EE)という箇所のメッセージを読んで、それをネットで検索したりしながら、原因特定と解決法を詰めていくという感じです。正直根気が要ります。
    5. GUIログイン画面表示の設定

      GUIのログイン画面が立ち上がるようにします。/etc/rc.confに以下の記載を追加します。
       slim_enable="YES"
      デフォルトユーザーとテーマ設定をします。/usr/local/etc/slim.confに以下の記載を追加します。
      まず、default_user行の行頭の#をとってデフォルトユーザーを入れます。
       default_user   (ログインユーザー名)
      FreeBSDですから、テーマをdefaultからfbsdに変えます。(別に好みで良いわけですが。)
       current_theme   fbsd
    6. X起動設定ファイルの作成

      LXDEが起動時に立ち上がるようにします。
      1. /etc/rc.confに以下の記載を追加します。
         avahi_daemon_enable="YES"
         avahi_dnsconfd_enable="YES"
      2. 各ユーザーのホームディレクトリに.xinitrcというファイルを作成して、以下の内容を記載してください。
         #!/bin/sh
         # set locale
         export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
         export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
         export LANG=ja_JP.UTF-8
         # set input method
         export XMODIFIERS='@im=SCIM'
         # execute scim as daemon
         scim -d
         # execute lxde
         exec startlxde
        内容は、言語の設定と日本語入力ツールの設定とLXDEの起動コマンドです。この作業はユーザー毎に行ってください。
    7. kern.maxfiles設定の変更

      XFCEで、一人で使う分にはまず問題にはならないんですが、念のため、maxfilesの設定をデフォルトの4000弱の値から最大値の65536に変更しておきます。/etc/sysctl.confファイルに以下の記載を追記してください。
       kern.maxfiles=65536
    PCを再起動します。
今回のセットアップでの主なモジュールのバージョン
xorg 7.7_2
lxde-meta 1.0_7
slim 1.3.6_12
dbus 1.8.20
policykit 0.9_10
scim-anthy 1.2.7_5

(2014年 2月22日 記
2014年11月29日 更新
2015年 9月12日 更新
2016年 4月30日 更新
2016年 9月19日 更新)


ToTop 「FreeBSDで遊ぼう」のページへ
Mail silversack@nifty.com
ToTop トップページへ