↑ 「FreeBSDで遊ぼう」のページへ

↑ トップページへ

★ [SilverSackの自画自賛] FreeBSDで遊ぼう

★

 デスクトップ環境の構築 - 4-5. KDE5のインストールと設定(KDE 5.15.3.18.12.3)


ここでは、デスクトップ環境のKDEのインストールと設定について書きます。

  1. 必要なアプリのインストール
    1. KDE5のインストール
    2. KDE5をインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install kde5 [ENTER]
    3. SDDMのインストール
    4. KDE5は、ログインマネージャーを含まなくなったので、SDDMと関連するモジュールをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install sddm plasma5-sddm-kcm sddm-freebsd-black-theme [ENTER]
    5. 日本語入力環境のインストール
    6. 日本語入力環境は、FCITXとMOZCの組み合わせを使用します。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install ja-fcitx-mozc fcitx-qt5[ENTER]
  2. デスクトップ環境の設定
    1. 必須DAEMONの起動設定
    2. KDE5の動作に必要なDAEMONがシステム起動時に起動するようにします。
      具体的には、/etc/rc.confファイルに以下の記載を追記します。

        dbus_enable="YES"
        hald_enable="YES"

      これで、活線挿抜とKDE5のシャットダウンボタンと再起動ボタンが機能するようになります。

    3. USB記憶装置用の設定
    4. USBメモリ等のFAT32系のメディアは標準で対応されていますが、NTFS系のメディアは標準では対応されていないので、これに対する設定をします。

      1. fusefs-ntfsをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力してください。
          # pkg install fusefs-ntfs[ENTER]
      2. /boot/loader.confに以下の内容を書き加えます。
          fuse_load="YES"
        9.xまでは、fusefsをインストールして、rc.confにfusefs_enable="YES"と書いていましたが、10.xからfuseがベースシステムに取り込まれたので、こうなりました。
      3. /etc/sysctl.confに以下の内容を書き加えます。
          vfs.usermount=1
      課題
      これでも対応は完全ではありません。USB-HDDは、自動的に認識されますが、エラーが出てマウントできません。ntfs-3gでマニュアルでマウントする必要があります。これでマウントすると日本語のファイル名もきちんと表示されます。
        # ntfs-3g /dev/da0s1 /mnt[ENTER]
    5. プリンターの設定
      1. cupsとgutenprintをインストールします。
          # pkg install cups gutenprint[ENTER]
      2. /etc/rc.confに以下の内容を書き加えます。
          cupsd_enable="YES"

      KDE5の設定に「Printers」というメニューがあるので、これで操作できます。ウェブブラウザのURL欄に「localhost:631」と打っても、操作画面に行けます。

    6. デスクトップ環境の起動設定
      1. SDDMが起動するように/etc/rc.confに以下の内容を追記します。
          sddm_enable="YES"
          sddm_lang="ja_JP"
        SDDMが起動するとKDE5も自動的に起動します。尚、上記の2行目はSDDMの日本語化の設定です。
      2. SDDMのテーマをFreeBSDに変更するため(好みですが)、/usr/local/etc/sddm.confを以下の様に編集します。
        30行目の
          CurrentTheme=breeze
          CurrentTheme=sddm-freebsd-black-theme
        に変更します。
      3. 各ユーザーのホームディレクトリに.xprofileというファイルを作成して、以下の内容を記載します。
          #!/bin/sh
          export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
          export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
          export LANG=ja_JP.UTF-8
          export GTK_IM_MODULE=xim
          export QT_IM_MODULE=fcitx
          export XMODIFIERS=@im=fcitx
          /usr/local/bin/mozc start
          fcitx -r -d
        内容は、言語の設定と日本語入力ツールの設定です。この作業は、ユーザー毎に行ってください。
      4. /etc/fstabファイルを開いて、以下の記載を追加します。
          proc   /proc   procfs   rw   0   0
補足情報

[その他の情報]

なお、このページを書くに当たって、以下の記事を参考にしました。

今回のセットアップでの主なモジュールのバージョン
kde5 5.15.3.18.12.3
sddm 0.17.0_5
dbus 1.12.12
hal 0.5.14_34
ja-fcitx-mozc 2.23.2815.102.00_1
fusefs-ntfs 2017.3.23
cups 2.2.10
gutenprint 5.2.14

(2018年11月10日 記
2019年 4月13日 更新)