↑ 「FreeBSDで遊ぼう」のページへ

↑ トップページへ

★ [SilverSackの自画自賛] FreeBSDで遊ぼう

★

 デスクトップ環境の構築 - 4-5. KDE5のインストールと設定(KDE 5.20.4.20.12.0)


ここでは、デスクトップ環境のKDEのインストールと設定について書きます。この作業の前に

の3つの作業を終えておいてください。

  1. 必要なアプリのインストール
    1. KDE5のインストール
    2. KDE5をインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install kde5 [ENTER]
    3. SDDMのインストール
    4. KDE5は、ログインマネージャーを含まなくなったので、SDDMと関連するモジュールをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install sddm plasma5-sddm-kcm sddm-freebsd-black-theme [ENTER]
    5. 日本語入力環境のインストール
    6. 日本語入力環境は、FCITXとMOZCの組み合わせを使用します。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install ja-fcitx-mozc fcitx-qt5 zh-fcitx-configtool[ENTER]
  2. デスクトップ環境の設定
    1. 必須DAEMONの起動設定
    2. KDE5の動作に必要なDAEMONがシステム起動時に起動するようにします。
      具体的には、/etc/rc.confファイルに以下の記載を追記します。

        dbus_enable="YES"
        hald_enable="YES"

      これで、活線挿抜とKDE5のシャットダウンボタンと再起動ボタンが機能するようになります。

    3. デスクトップ環境の起動設定
      1. SDDMが起動するように/etc/rc.confに以下の内容を追記します。
          sddm_enable="YES"
          sddm_lang="ja_JP"
        SDDMが起動するとKDE5も自動的に起動します。尚、上記の2行目はSDDMの日本語化の設定です。
      2. 各ユーザーのホームディレクトリに.xprofileというファイルを作成して、以下の内容を記載します。
          #!/bin/sh
          # DSB automounter
          dsbmc-cli -a &
          dsbmc &
          export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
          export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
          export LANG=ja_JP.UTF-8
          export GTK_IM_MODULE=xim
          export QT_IM_MODULE=fcitx
          export XMODIFIERS=@im=fcitx
          /usr/local/bin/mozc start
          fcitx -r -d
        内容は、dsbmの起動と言語の設定と日本語入力ツールの設定です。この作業は、ユーザー毎に行ってください。
      3. /etc/fstabファイルを開いて、以下の記載を追加します。
          proc   /proc   procfs   rw   0   0
補足情報

[その他の情報]

なお、このページを書くに当たって、以下の記事を参考にしました。

今回のセットアップでの主なモジュールのバージョン
kde5 5.20.4.20.12.0
sddm 0.19.0
dbus 1.12.20_3
hal 0.5.14_34
ja-fcitx-mozc 2.23.2815.102.01_1

(2018年11月10日 記
2021年 1月30日 更新)