↑ 「FreeBSDで遊ぼう」のページへ

↑ トップページへ

★ [SilverSackの自画自賛] FreeBSDで遊ぼう

★

 デスクトップ環境の構築 - 4-7. LXQTのインストールと設定(LXQT 1.2.0)


ここでは、デスクトップ環境のLXQTのインストールと設定について書きます。この作業の前に

の3つの作業を終えておいてください。FreeBSDのバージョンが異なる場合は、対応する記事を参照してください。

  1. 必要なアプリのインストール
    1. LXQTのインストール
    2. LXQTをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install lxqt[ENTER]
    3. SDDMのインストール
    4. ログインマネージャーはsddmを推奨しているようなので、SDDMと関連するモジュールをインストールします。コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install sddm plasma5-sddm-kcm sddm-freebsd-black-theme [ENTER]
    5. 日本語入力環境のインストール
    6. 日本語入力環境は、iBusとMozcの組み合わせを使用します。
      コマンドプロンプトで以下のコマンドを打ってください。

        # pkg install ja-ibus-mozc[ENTER]
  2. デスクトップ環境の設定
    1. 必須機能の起動設定
    2. システム起動時にLXQTの起動に必要な機能が起動するようにします。/etc/rc.confファイルに以下の記載を追記します。

        dbus_enable="YES"
    3. デスクトップ環境の起動設定
      1. SDDMが起動するように/etc/rc.confに以下の内容を追記します。
          sddm_enable="YES"
          sddm_lang="ja_JP"
        SDDMが起動するとLXQTも自動的に起動します。尚、上記の2行目はSDDMの日本語化の設定です。
      2. 各ユーザーのホームディレクトリに.xprofileというファイルを作成して、以下の内容を記載します。
          #!/bin/sh
          # DSB automounter
          dsbmc-cli -a &
          dsbmc &
          # set locale
          export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
          export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
          export LANG=ja_JP.UTF-8
          # set input method
          export GTK_IM_MODULE=ibus
          export QT_IM_MODULE=ibus
          export XMODIFIERS='@im=ibus'
          # execute ibus/mozc as daemon
          /usr/local/bin/mozc start
          ibus-daemon -r --daemonize --xim
        内容は、dsbmcの起動と言語の設定と日本語入力ツールの設定です。この作業は、ユーザー毎に行ってください。
    4. mozcのiBusへの登録
    5. なぜか、IBusの入力メソッドに一緒にインストールしたはずのMozcが登録されていないので、手動で登録します。
      「MATEのスタートメニュー」→「システム」→「設定」→「その他」→「iBusの設定」で設定画面を開き、「入力メソッド」タブで「追加」ボタンを押して「日本語」→「日本語 - Mozc」と辿って追加します。

    6. SDDMのカスタマイズ
    7. 機能には関係しませんが、自分への備忘も兼ねて、SDDMのカスタマイズ方法を記しておきます。

      1. テーマの変更
      2. テーマをデフォルトから変更する場合、/usr/local/etc/sddm.confに書き込みます。まず、

          # ee /usr/local/etc/sddm.conf[ENTER]
        と入力し、出てきた画面に(sddm-freebsd-black-themeを設定する場合)
          [Theme]
          Current=sddm-freebsd-black-theme
        と入力します。

      3. テーマの背景変更
      4. テーマの背景画像をデフォルトから変更する場合、そのテーマがあるディレクトリのtheme.confを書き換えます。まず、(sddm-freebsd-black-themeを設定する場合)

          # ee /usr/local/share/sddm/themes/sddm-freebsd-black-theme/theme.conf[ENTER]
        と入力し、出てきた画面の
          [General]
          background=background.png
          displayFont="Montserrat"
          [General]
          background=mybackground.jpg
          displayFont="Montserrat"
        と書き換えます。

      5. ユーザー画像の設定
      6. ログイン画面で自分のアカウントが表示された時に、画像欄に好きな画像を表示させたい場合はホームディレクトリに.face.iconというファイル名で表示させたい画像をコピーします。こんな感じです。

          # cp /home/silversack/Downloads/mybackground.png /home/silversack/.face.icon[ENTER]
    今回のセットアップでの主なモジュールのバージョン
    lxqt 1.2.0
    sddm 0.19.0_7
    dbus 1.14.4,1
    ibus-mozc 2.23.2815.102.01_10
    補足情報
    • halがなくなったので、消しました。別に消してもなんの問題もなく動きました。いつ頃からそうだったんだろ。(2021年 3月20日)
    • いつのまにかで、シャットダウン/再起動のための/usr/local/etc/polkit-1/rules.d/10-power.rulesは不要になりました。関係の有無は理解していませんが、/etc/rc.confのpolkitd_enable="YES"も消しました。(2022年 1月22日)
    • 日本語入力は、IBusは日本語変換として動作せず、fcitxはmozcの設定画面が表示されず、UIMはタスクバーに状態を表示するアイコンが表示されない、と、全機能が問題なく動作するものがないのですが、一通りの機能が全て利用できるUIMにしました。(2022年 1月22日)
    • ログインマネージャーは、SLIMからSDDMに変更しました。Qt系はSDDM推奨のようです。(2022年 1月22日)
    • 今回の設定では、Latestは1.1.0、Quarterlyは1.0.0でした。(2022年 6月11日)
    • 1.2.0が出たので、13.1(amd64/i386)、12.4(amd64/i386)で、構築してみました。全部できました。13.1/amd64以外はメジャーなウェブブラウザがないので、やめといたほうがいいです。まあ、当たり前ですけど。(2023年 1月28日)
    • 今回、latestでの構築からquarterlyでの構築に変えました。(2023年 1月28日)
    • 日本語入力をibus-mozcに変えました。ja-ibus-mozcのpkg-messageには「export QT_IM_MODULE=ximと書け」と書かれていますが、これだと動きません。「export QT_IM_MODULE=ibus」としてください。(2023年 1月28日)

    [その他の情報]

    なお、このページを書くに当たって、以下の記事を参考にしました。

    (2019年 8月 3日 記
    2023年 1月28日 更新)